医学書によると胃腸疾患の2割が器質要因、8割が機能要因といわれています。

当方においても消化器系疾患は経絡治療のためか多く取り扱えます。

なかには治って3か月以上経ちまた悪化させている。

それを年単位で繰り返しているという人もいます。

心療内科でもうまくいかずに来られる方もいます。

円形脱毛症にまで広がってしまい胃腸のトラブルに目を向けざるを得なくなる人もいます。

自分の思い通りにしたいのは誰も同じではないでしょうか。

私もそうです。

そうした中でどう対処していくかが私たちの未来になっていきます。