6月に入り初夏というよりも暑中お見舞い申し上げますという毎日でしょうか。

経絡治療的にいうと脾虚肝実症の方が多いようです。

これは体内に熱がこもり肺気が弱いためもあって発散できずに便秘とか食べすぎ、頭痛や寒くないのに寒気が出たり、

そのままでいると吹き出物やアレルギーへとなっていく症状です。

気候の変化に体がなれないということですが、症状がひどくならないと認識しにくいようです。

軟膏を塗っても消えない症状です。

放っておけば対処が違っていれば慢性化し、だれもが知っている病名がついてきます。

どうぞご自愛ください。