痛風患者がおります。

この症例は実は久しぶりです。

内臓疾患から起こった症状ですので時間がかかります。

酒を飲むのはやめられないだろうし、食生活といっても現実はなかなか続かないし、少し良くなると足を運んでこないし、

久しぶりに来室してくると悪化しているしとなかなか大変なのです。

意識改革をといっても言葉はかっこいいけれど人間の欲望と執着のエネルギーに逆に教えられたりと患者さんだけでなく

治療家にとっても進化の道を早くすることのできるハッピータイムです。

今回の痛風患者さんからより深い意識改革を治療家ができるということです。

イコール患者さんも治っていくということからみんなが良いということとなります。