何度か来室された方とはいえ、入室してくるなりかゆいかゆい、かゆいかゆいの連発です。

本治法に入るまえから腎系の処置をしました。

すると六割くらいはかゆみが治まったということです。

それから本治法に入り標治法をすることでゼロになりました。

寒い寒い冬の乾燥の続く現在、補助としてびわの葉製品を用いていますが、かゆいのは確かに耐えがたいという現実があります。

あなたはどうですか。